• EC
  • 2015-01-15

Monthly pageview: 0


20代女子にスキマ時間に手軽にスマホなどで商品を買ってもらうEC戦略

ファッション、生活雑貨、ホビー用品、美容アイテムなど幅広い商品を取り扱う通販大手「フェリシモ」。
最近は、EC事業にも積極的に取り組んでおり、2013年8月からはキュレーション型ECサイトを開始しています。2014年夏には、“産地直送”にこだわったギフト専用サイトを開設。続々と、EC事例を生みだし、注目を集めています。
今回は、“かわいいワールド”をユーザーに提供しているフェリシモのEC事例についてご紹介します。

最大級で最上級のしあわせを、女子に提供する株式会社フェリシモ

株式会社フェリシモは、兵庫県神戸市に本社を置く通信販売会社です。
1965年に同社の前身である「株式会社ハイセンス」を設立し、1989年には現在の「株式会社フェリシモ」に社名を変更しています。
この“フェリシモ”は、ラテン語を語源とする「FELICITY(至福)」と、強調を意味する「SSIMO」を合わせた言葉であり、「最大級で最上級のしあわせ」を意味しているそうです。
また、経営理念にも「しあわせ社会学の確立と実践」を掲げ、ファッション、子ども服から雑貨、美容アイテムまで幅広い商品を販売しており、同社ならではの視点でセレクトした商品も人気を集めています。

スキマ時間に手軽に商品を買ってもらえるようにスマホ・タブレットに特化したサイトを開設

2013年8月にキュレーション型ECサイト「SUKIMARU(スキマル)」を開設しています。
スマートフォン・タブレット端末に特化したサイトであり、PCサイトが溢れるなか、専門のスタイリストが最新の“カワイイ”ファッションを軸に、GIFアニメーションなどのコンテンツを採用し、フェリシモならではの世界観とコーディネートをユーザーに届けています。コーディネートには、同社のファッションカタログや女性誌で活躍するスタイリストを起用しており、サイト上でスタイリストのコーディネートを「GOOD」、または「BAD」で評価できる仕組みとなっており、ユーザーが参加する形でオシャレを楽しめるようになっています。

また、2014年夏には、“産地直送”にこだわった「フェリシモ プリュス」を新たにオープンしました。サイト内には、「CHOU CLUB eXpress(シュークラブ エキスプレス)」と「エクスペ ギフトスタイル」の2ショップを設置し、ユーザーの間口を広くしています。
シュークラブ エキスプレスでは、美味しいものを厳選し、季節限定の産地直送品を販売。一方、「エクスペ ギフトスタイル」は、フェリシモコレクションからピックアップしたアイテムをお好みの色やデザインから選択し、ギフトとして届けることができるようになっています。

「SUKIMARU(スキマル)」「フェリシモ プリュス」の共通点はコンセプトが明確であることです。「SUKIMARU(スキマル)」は“カワイイ”、「フェリシモ プリュス」は“ありがとう”や“おめでとう”にこだわっており、ユーザーの目には、それぞれのブランドコンセプトがはっきりと示されているように見受けられます。今後、フェリシモによってどのようなコンセプトが生み出されるのか、引き続きご注目ください。

画像引用元:フェリシモ公式HP:http://www.felissimo.co.jp/


ベンチマークと分析の考え方 全員無料プレゼント

このE-Bookは、製品のデータマーケティングにおける大局観と具体化(1)から(3)の各セクションについて、オリジナルの図解で解説したものです。自社の事業特性に合わせてご活用ください。
ダウンロードはこちら(無料)

この事例バックナンバー ─事例記事─

あわせて読みたい ―関連記事―