• EC
  • 2015-01-07

Monthly pageview: 13


試着ができないネットの悩みを解消! ネット通販の弱みを強みにする丸井

今回は、丸井が運営するECサイト「マルイウェブチャネル」のマーケティング施策「マルイウェブチャネルパーク」についてご紹介します。
丸井は、「試着ができない」「イメージと違う」といったWEB通販上の課題を解決するため、WEB上で事前に登録し、店舗で試着・購入ができるというシステムを構築しました。
「マルイウェブチャネル」の試着&店舗受け取りサービスがユーザーにとってどう影響したのか、ご紹介します。

日本で初めてクレジットカードを発行した丸井

株式会社丸井(OIOI)は、首都圏を中心に、ファッションに特化した商業施設を展開しています。通常、百貨店にある「食品売り場」が丸井にはほとんどないため、あくまでも「百貨店」ではなく、「商業施設」と見られることが多いそうです。
1931年に創業してから、新宿・渋谷を拠点に事業を全国展開し、1960年には日本初となるクレジットカード(現在のエポスカード)を発行しました。
今回紹介する「マルイウェブチャネルパーク」でも、このエポスカードが重要な役割を果たしています。

ネット通販の欠点を逆手に取り、実店舗での試着を予約できるようにした丸井の戦略

「マルイウェブチャネルパーク」では、実際に店舗を訪れる約4日前から試着の予約が可能になりました。
実際に着てみて、気にいれば店頭で購入ができ、気に入らない場合でも無料で返品できます(試着サービスを利用するためには、エポスカードの登録が必要になるため、登録していない人は、新規登録をしなければ使用できません)。
試着商品は最大5点まで選べますが、自宅にいながら丸井が取り扱うあらゆるブランドを吟味できることが、「マルイウェブチャネルパーク」の最大の魅力かもしれませんね。

もちろんこの試着は必須ではなく、商品の店舗受け取りのみや、通販サービスのみを利用することも出来るため、ユーザーにとっては購入方法の幅が広がることになり、まさにかゆいところに手が届くようなサービスとなっています。

今後は、「マルイウェブチャネルパーク」のメリットをさらに明確化していくような試みや、エポスカードに登録していない人にも活用してもらえるような取り組み、へ挑戦していくのではないでしょうか。同社の新たな施策に注目が集まっています。

画像引用元:マルイウェブチャネル公式HPページ:http://voi.0101.co.jp/voi/index.jsp


ベンチマークと分析の考え方 全員無料プレゼント

このE-Bookは、製品のデータマーケティングにおける大局観と具体化(1)から(3)の各セクションについて、オリジナルの図解で解説したものです。自社の事業特性に合わせてご活用ください。
ダウンロードはこちら(無料)

この事例バックナンバー ─事例記事─

あわせて読みたい ―関連記事―