• O2O
  • 2014-09-26

Monthly pageview: 0


サービス統合で会員数増加のクロスカンパニー

画像引用元:株式会社クロスカンパニー ブランド earth music&ecology
http://www.crosscompany.co.jp/brand/emae.php

今回は、「クロスカンパニー」が行ったアパレル業界でのO2O戦略をご紹介いたします。クロスカンパニーは、岡山に本社を置き12ブランドを展開している企業です。
なかでも、アースミュージック&エコロジーは幅広い年齢層に支持され、業界の中でもローリーズファームと肩を並べ、人気を博しています。コンセプトは「RELAXをテーマに、スタンダードなトラッドテイストに流行とナチュラル感を取り入れ、幅広い層に向けて発信する」。カジュアルガーリーにも人気のブランド、イーハイフンワールドギャラリーも同グループのブランドです。

今年の夏で会員数100万人を突破!

クロスカンパニーは、店舗・直営ECモール共通となる「CROSS COLLECTION MEMBER’S」というサービスを2014年2月18日から開始。実店舗・ECモールでバラバラだったサービスを統合し、オンライン・オフライン共に影響し合う仕組みをつくりあげ、消費者の利用頻度を高くすることに成功しました。
会員にはバーコードが発行されます。店舗で購入したときにバーコードを表示すると、ポイントをつけてもらうことができます。誕生月には購入金額が10%offになったり、定期的にメールマガジンでお得な情報が配信されたりします。
ECモール「クロスコレクション」では2013年10月10日、それまで別々になっていたブランドを統合し、コーディネートや新着情報を随時配信してきました。その結果、サイト開設時には登録者数が約30万人だったのに対し、2014年8月には約100万人を超えるまでに成長しています。ユーザーの「おすすめアイテム」を紹介するレコメンドシステムなども導入し、情報のインプット、アウトプットを効率よくできるように戦略を練っています。
100万人突破時には、サイトアクセス数の詳細などが公開され、9割近くの方がスマートフォンからアクセスしていることが分かり、スマートフォン普及によって加速化したO2Oが、いかに効果的であったかを示しています。
2014年2月からはECモールのクロスコレクションとCROSS COLLECTION MEMBER’Sが統合され、さらに登録者数を増やそうと、クロスカンパニーはO2O強化に乗り出しています。今後もO2Oを積極的に活用し、CRMにも取り組みながら、引き続き会員数増加を図る予定とのこと。

オンライン上の顧客をオフラインに繋げる

オンライン上に全ての消費者を集めるのではなく、オンラインを「ツール」としてオフラインに繋げる。アパレル業界にとって、O2Oは重要なプロモーション戦略です。
オンラインを活発にしていくには、店頭でのサービスの質を高めたり、広告やCMを活用したりする必要もあります。実店舗とネットを繋げることは容易ではありませんが、O2Oの取り組みが成功の鍵を握っていると言ってもいいでしょう。


この事例バックナンバー ─事例記事─

あわせて読みたい ―関連記事―