• コンテンツマーケティング
  • 2015-08-03

Monthly pageview: 1


コンテンツマーケティングを成功させるためにはテクノロジーが必要

コンテンツマーケティング担当者が奮闘するチャネルを超えた会話

コンテンツマーケティングにとってエンゲージメントの数値は絶対的です。2015年4月にイギリスとアメリカのブランドから選ばれたマーケティング担当者と広告代理店の担当者を対象に行われた調査では、コンテンツマーケティングの手法でサポートできるマーケティングの目標は何かという質問に対して、ブランドエンゲージメントが66.8%もの回答を集め第1位になりました。同様に、全世界のマーケティングの専門家を対象に行われた調査では顧客エンゲージメントを向上させることはコンテンツマーケティングを考えるうえで極めて重要な目標であるとの回答が52%を占めました。

コンテンツマーケティングの課題

マーケティング担当者が顧客エンゲージメント理論を元にして努力を重ねれば重ねるほどぶつかる壁があります。それは、チャネルの形態を問わず、どんなケースでもコンテンツが常に適切なものなのかどうかという問題です。しかし、これを検証するのは簡単ではないと専門家の間で認識されていることも事実です。それを示す調査結果が出ているので紹介しましょう。

(1)アメリカ国内での調査結果

2015年3月にアメリカのマーケティング専門家を対象に行われた調査結果からは、コンテンツの適切さを確保するのに苦労している様子がうかがえます。そして、この問題を解決させるためにマーケティング関連のテクノロジーが役に立つのではないかと期待されています。アメリカのマーケティング専門家のうちほぼ半数に当たる48%が、自分たちのマーケティングコンテンツが顧客エンゲージメントを向上させているという自信はまったくないと回答しています。また、具体的に顧客エンゲージメントを向上させるための課題は何かと尋ねたところ、第1位(37%)は顧客との双方向の対話を増やし、それを維持するということ。第2位は業績の測定方法で35%の回答でした。自社にはデジタル資産が不足しており積み上げていくことが今後の課題だという回答も18%あり第3位でした。そして、第4位はオムニチャネル(※1)キャンペーンの実施が必須だとする回答で、10%という結果でした。

(2)全世界対象の調査結果

全世界のマーケティングの専門家を対象にした調査でも同様の結果が出ています。コンテンツマーケティングを成功させるための施策として、不充分な効果測定しかできていないという回答が33%ありました。また現在はクロスチャネル(※2)の統合が不足しており、これを充実させることが課題だとする回答が27%を占めました。

(※1)オムニチャネル:小売と消費者の接点がシームレス化し、消費者は「いつでも、どこでも」実店舗かネット通販かというチャネルの違いを意識することなく、商品を探したり購入したりできる状態。

(※2)クロスチャネル:小売と消費者の接点が実店舗・WEB・電話など複数存在し、消費者はそれぞれを使い分けることができる。各チャネルがデータ連携していれば、WEBで購入した商品を店頭で受け取ったり返品したりというチャネルを横断したサービスを受けることもできる状態。

テクノロジーによる解決を推進する時

コンテンツマーケティングが抱える課題の解決に、テクノロジーが大きな役割を果たすことは間違いありません。企業のマーケティング担当者に、今後5年間でマーケティングに最も大きな影響を与えると思われる事象は何かと尋ねた最新の調査では、第1位マーケティングとテクノロジーの融合でした(38%)。マーケティングとテクノロジーの融合が進めば、それを進化させるためのテクノロジーが開発され、様々なツールも生み出されることでしょう。そのようなツールを使うことにより、コンテンツ作成が大きく変わります。それぞれのチャネルの実体が不明確な状態で、そのチャネル向けのコンテンツを作るような無駄がなくなります。コンテンツはツールが提供するデータや知見に基づいて、特定の顧客のアクセス傾向に合わせて作成されるようになります。そうなれば、消費者からの確実なエンゲージメントを獲得し続けることも難しくなくなるでしょう。

今、成すべきことは?

結論から言うと、マーケティング担当者はコンテンツマーケティングのためのテクノロジー向上のために努力すべきということになります。実際、アメリカのマーケティング担当者の59.8%が早急にコンテンツマーケティングのテクノロジー向上に力を入れると回答しています。このような方向性を定めたこと自体、明るい兆しと考えることが出来ます。

【翻訳参照元記事】
http://www.emarketer.com/Article/Create-Engaging-Content-Marketers-Need-Tech/1012668


コンテンツマーケティング 要素関連化イメージマップの具体例

このE-Bookは、以下のコンテンツマーケティングのコラム記事について図解で整理したものです。自社の事業特性に合わせてご活用ください。
ダウンロードはこちら(無料)

この事例バックナンバー ─事例記事─

あわせて読みたい ―関連記事―