• コンテンツマーケティング
  • 2015-07-01

Monthly pageview: 0


2015年コンテンツマーケティングが変わる!? チェックしておきたい7つの方向性

コンテンツマーケティングほど発展が著しく、変化の激しい戦略はおそらく他にはありません。効果的なコンテンツかどうかを決める方法は絶えず変化しています。2015年にコンテンツマーケティングで成功できるかどうかは、その変化をしっかり把握して、トレンドについていけるかにかかっているようです。

数字から見たコンテンツマーケティング

あるシステム開発会社が最近行った調査によると、「コンテンツこそ今年のデジタルマーケティングにおけるもっとも重要なツールになる」という回答が全体の29.6%ありました。これはビッグデータ、モバイルマーケティングといった非常に注目を集めているツールを抑えての第一位です。
コンテンツマーケティングがこれほど重視される理由は、その汎用性と、広告への到達率であるリーチの良さにあります。コンテンツマーケティングは、特定の企業や業界にだけ有効なのではなく、あらゆる規模の企業、さまざまな種類の業界に対して有効だと考えられています。そのため、今後コンテンツマーケティングがどのような変化を遂げるのか、大きな関心が寄せられているのです。

コンテンツマーケティングの変化を示す7つの方向性

今年起こり得るコンテンツマーケティングの変化について、もっとも明確で重要な7つをご紹介します。

(1)コンテンツ制作支出の増加

民間企業にとって、デジタルマーケティングがバックボーンとなってきていることは明らかです。B2C(BusinesstoConsumer)でもB2B(BusinesstoBusiness)でも同じです。こうしたビジネスにおいて、コンテンツマーケティングは最優先課題と位置づけられているため、高品質のコンテンツ制作への支出は、デジタルマーケティング予算に比例して増加していたとしても驚くことではありません。
実際のところ、ある報告によれば、平均的な企業ではマーケティング予算の15%もの金額をコンテンツ制作に充てるものとされています。

(2)パーソナライゼーションの強化

今後コンテンツのパーソナライゼーションが進む理由には次の2つがあります。

  1. ソーシャルネットワークの発展とテクノロジーの進化により、これまでにないほど詳細なデータをマーケティング担当者が得られるようになるため
  2. ウェブ上の検索において、自社が他社より上位になるための施策はほぼやり尽くした感があるため

(3)ビジュアルコンテンツの効果的な使用増加

コンテンツの未来は、ソーシャルメディアの行く先を見ればわかります。この2、3年でソーシャルメディアにおける画像・ビデオ・グラフィックスの使用が圧倒的に増え、この傾向は今後も変わらないと思われます。同時にコンテンツがストーリー性のあるものへと進化しています。ビジュアルコンテンツは、テキストよりもブランドのストーリーを伝えることに対して有効なのです。

(4)測定ツールへのアクセス増加

コンテンツマーケティングの担当者は、現在、測定ツールに夢中になっています。特に、二者択一でどちらが良い結果になるかを見極められる「A/Bテスト」に注目が集まっています。このツールは信じられないほど簡単に使えるツールであるにもかかわらず、詳細かつ洗練された分析結果を生み出します。

(5)コンテンツのローカル化

特定の場所で買物をするなど、ローカルな状況に特化したコンテンツに対して、マーケティング担当者はかなりの予算を割り当てているようです。そうなると、コンテンツはさらにパーソナライズされたローカルなものになります。

(6)コンテンツマーケティングとソーシャルメディアの融合

コンテンツマーケティングとソーシャルメディアの関係は、すでにかなり融合しているようです。今年は両社の境界線が消失するのではないかとも言われています。賢いマーケティング担当者ならソーシャルメディアは組織の成長にとって最高のチャンスになることを理解しています。つまり、ソーシャルメディアの活用によってブランドのファンを圧倒的に増やし、「いいね」ボタンを押しあってコンテンツとの交流を増やしていくことができるのです。

(7)コラボレイティブ・マーケティングへの回帰

2014年に、ゲストブログなどから企業間の協力へと意識が戻ってきているようです。ソーシャルメディア、ブログ、ウェブサイト、業界誌などとの共同関係への再投資が起きていて、これは注目すべき動向です。

いかがでしたでしょうか? 今後コンテンツマーケティングの進化の勢いは止まりそうにもありません。自社のコンテンツマーケティングを成功させるには、ご紹介した7つの方向性を念頭に置いて、施策を講じるべきです。

【翻訳参照元原稿】
http://www.forbes.com/sites/johnrampton/2015/04/06/ways-content-marketing-is-going-to-change-in-2015/


コンテンツマーケティング 要素関連化イメージマップの具体例

このE-Bookは、以下のコンテンツマーケティングのコラム記事について図解で整理したものです。自社の事業特性に合わせてご活用ください。
ダウンロードはこちら(無料)

この事例バックナンバー ─事例記事─

あわせて読みたい ―関連記事―