• コンテンツマーケティング
  • 2015-06-05

Monthly pageview: 0


ブランドプロモーション成功の鍵はオンラインとオフラインのマーケティング戦略

ブランディングがうまくいっているとは、どういった状態を指すのでしょうか? それは、自社のブランドが他社ブランドより優れていることをいつも的確に伝えている状態です。

そのために有効なのは、オンラインとオフラインのマーケティングをうまく組み合わせ、マーケティング戦略を立てることです。そして、それぞれのテクニックを効果的に使うことです。そうすることにより、自社ブランドのメッセージを明確に伝えることができ、消費者の記憶に残りやすくなります。また、消費者の間でブランドに関する情報交換がされやすくなるのです。

ここでは、どうしたらそれが実現できるのか、オンラインとオフラインの両面から解説していきます。

オンラインマーケティングで成功するには

ウェブサイトはオンラインで自社ブランドを認知してもらう最上の場所です。しかし、現在ウェブサイトはSNSとリンクされていないと、あまりインパクトを与えることができなくなっています。ウェブサイトには、自社ブランドに関する多くの情報が蓄積されており、自社ブランドを正確、適切に表現している場所なのです。SNSをうまく使えば、この場所へのトラフィックを格段に増やすことができます。

(1)オンラインにアクセスする人が持っている期待とは?

オンラインにコミュニティを構築し、そこへの参加を維持するためには、ほかのブランドに対抗して、顧客の関心を常に自社ブランドへと向けるように努力しなければなりません。自社ブランドが目立つように工夫する必要があるのです。そのために、オンラインにアクセスする人が次の2つの期待を持っていることを知らなければいけません。

  • 購入者として、きちんと扱ってほしいという期待
  • 自分たちが知りたいと思っていることに正しく回答して欲しいという期待

(2)期待に応えるテクニックとは?

最初の期待に応えるためには、古くさいやり方かもしれませんが、自社のSNSへの訪問者に割引コードを発行することです。こうすれば、自社のウェブサイトの訪問数は確実にアップします。
もう一つの期待に応えるためには、企業の秘密が漏れてしまうといった恐れを捨てて、自社が持つ専門知識を公開することです。開かれた場で知識を共有することは、信頼できる企業だという気持ちを生み出すための素晴らしい方法なのです。

オフラインマーケティングで成功するには

オンラインマーケティングがブランドを広く普及させることに効果があると思いすぎると、オフラインの世界に非常に効果の高いテクニックがあることをついつい忘れてしまいがちです。オフラインマーケティングのテクニックでは、次の4つが重要です。

(1)パンフレットの力

しっかりした販売プレゼンテーションをした後で、少し贅沢な作りのパンフレットを配布すると、非常に長く強い印象を残すことができます。プレゼン終了後もしばらくの間、自社のメッセージはこのパンフレットのおかげで強く残すことができます。

(2)信頼できる業界紙への広告

信頼できる業界紙の読者は、質の高い広告であれば時間をかけて読みます。こうした業界紙に広告を出すと重要な顧客に直接メッセージが届けられます。

(3)屋外のポスター

屋外にポスターを貼るキャンペーンを行うと、自社ブランドが繰り返し多くの人々の視覚に触れることになるため、効果的な宣伝になります。

(4)製品自体の力

もう一つ、忘れてはいけないのが、製品そのものをプロモーション用に使うというテクニックです。製品をサンプルとして配ったり、贈呈したりすることは、自社ブランドが評価される絶好のチャンスです。製品の質の良さに気づいてもらえれば、それこそが理想的なマーケティングの成果を生み出します。

成功の鍵は全体的なマーケティング戦略にあり

最も重要なことは、オンラインとオフラインの活動が全体的なマーケティング戦略に統合されていることです。オンラインとオフラインが一貫性のあるストーリーを持っていることは効果的なブランドプロモーションの鍵です。これがうまくいけば、どのメディアで広告を見た人も、一貫した内容に触れることになるので、見込み客に対してする話にも一貫性が出てきます。これこそがブランドプロモーションの成功なのです。

【翻訳参照元原稿】
http://www.smartinsights.com/online-brand-strategy/brand-development/offline-brand-communications/


ベンチマークと分析の考え方 全員無料プレゼント

このE-Bookは、製品のデータマーケティングにおける大局観と具体化(1)から(3)の各セクションについて、オリジナルの図解で解説したものです。自社の事業特性に合わせてご活用ください。
ダウンロードはこちら(無料)

この事例バックナンバー ─事例記事─

あわせて読みたい ―関連記事―