• コンテンツマーケティング
  • 2015-03-23

Monthly pageview: 0


インフルエンサー・マーケティングに使えるWEBツール 上位7位はこれだ!

インフルエンサー・マーケティングとは?

インフルエンサー・マーケティングとは、ターゲットとするマーケット全体に対してではなく、個人に対するマーケティングの種類になります。
多くのブランドがインフルエンサー・マーケティングを用いているのは、自分たちのリーチを拡大し、ターゲットとする人たちに共感してもらえる可能性を高めるためです。
たとえば、食品ブランドは食品について影響力のあるブログを書いている人をターゲットに定め、その人が自分たちの製品やプロモーションについて書いたりつぶやいたりしてもらおうと考えています。
情報の拡散者であるインフルエンサーが、コミュニティにおける巨大なメガホンのような働きをして、ブランドのメッセージを潜在顧客の間に広めてくれるわけです。

インフルエンサー・マーケティングの課題

インフルエンサーが推薦してくれると、購入の見込みがある人たちがブランドのメッセージをより受け入れやすくなるとされています。
インフルエンサー・マーケティングでは、適切なインフルエンサーを見つけることが成功のカギを握ります。しかし、どこから探し始めればいいかがわかるまでコストを費やさなくてはいけないことが課題でした。
ありがたいことに、最近ではそのためのフリーツールがいくつも存在します。それを使えば、自分たちに合ったインフルエンサーを特定したり、自分たちのメッセージを本当に聞いてほしい人たちに届けてくれるインフルエンサーは誰なのか明らかにするのに役立ちます。

インフルエンサー・マーケティングに役立つツール7選

こうしたツールのほとんどがフリーミアムモデルとして機能するものであることは注目に値します。フリーではあっても非常に強力であり、インフルエンサー調査の基本をしっかり押さえています。

ここでは、上位7つのフリーツールを簡単にご紹介列挙します(※2015年2月時点の情報です)。

1.FollowerWonk(https://followerwonk.com/

Twitterのアカウントで、フォロワーのアクティブな時間帯、フォロワー数、エリアなどの分析ができます。フォロワーのアクティブな時間をグラフで表示するので、多く使われている時間帯とそうでない時間が確認できるため、最適な投稿時間を調べることができます。また、Bufferという予約投稿サービスもあるので、決まった時間に投稿できます。

2.BuzzSumo(http://buzzsumo.com/

企業として「今、何が話題か?」というのは重要です。今まではSNSの主要である「Facebook」「Twitter」「Google+」などにそれぞれ飛んで情報収集をしていたと思いますが、このソフトはキーワードを入力すれば、拡散しているコンテンツページを探し出してくれます。
ほかにもSNS上で影響力を持つアカウント記事順に表示されるので、ユーザーから支持されているインフルエンサーは誰かということも確認できます。

3.Topsy(http://topsy.com/

Twitter検索機能。キーワードを入力すれば、2006年からの全ツイートを検索できます。過去にさかのぼることで拡散誘発のきっかけが確認でき、人物・出来事の過去から現在までが追えます。モバイル端末からも利用でき、ツイートだけでなく画像やリンク、動画などでも絞り込むことができます。

4.Kred(http://kred.com/

People Browsrが2011年から提供。ソーシャルメディア上での評価や影響度がKredスコアとしてデータで参照できます。Kredスコアの数値は、コメントやツイートがどのような影響を及ぼしたかなどから算出されるので、信用性が高く、告知や宣伝したい時などにツイートしてもらうと宣伝力となります。

5.Klout(https://klout.com/home

「Twitter」や「Facebook」などのソーシャルネットワーク上での影響力を、Kloutスコアとして数値化しています。判断基準はTwitterだとフォロワーからのリツイートやお気に入りの登録数。Facebookだと「いいね!」の数や、投稿に対してのコメントの数などです。

6.Twtrland(http://ja.twtrland.com/

「Twitter」にツイートしている人物が、どのような人物なのかが分かる分析サービス。調べたいTwitterのIDを入力すればフォロワー数、つぶやき数などの基本情報のほかに、円形グラフでその人のつぶやきの傾向が比率分けされています。

7.PeerIndex(http://www.peerindex.com/

「Klout」に似たサービス。ソーシャルネットワークに入力したコメントが、どのくらい影響力があるのかを、100点までのスコアで算出しています。スコアは「どの程度頻繁に活動しているのか」「ツイートを見ている人がどのくらいでエンゲージしているか」「どの程度広まりがあるか」で決まります。

インフルエンサー・マーケティングのまとめ

ここに挙げたようなフリーツールを使うことは、インフルエンサー・マーケティングをはじめる際の良いサポートになりますが、分析には限界があります。
もし、もっと強力に影響力を分析し、自分たちに合ったソリューションを見つけたい場合には有料のツールを検討する必要があるかもしれません。

【参考元原文】
http://www.brandwatch.com/2015/02/top-7-free-tools-influencer-marketing/#more-53856


ベンチマークと分析の考え方 全員無料プレゼント

このE-Bookは、製品のデータマーケティングにおける大局観と具体化(1)から(3)の各セクションについて、オリジナルの図解で解説したものです。自社の事業特性に合わせてご活用ください。
ダウンロードはこちら(無料)

この事例バックナンバー ─事例記事─

あわせて読みたい ―関連記事―