• O2O
  • 2014-08-26

Monthly pageview: 0


マーケティング担当者に贈る戦略の確認と見直しの勘所

近年、データを用いたマーケティングが定着しつつある。データマーケティングの方法論を体現できる担当部署の整備、ITシステムによるモニタリングの実践といった様々な試行錯誤の過程を経て、マーケティング担当者の長年の苦労が実を結びつきつつあるだろうか。

さて、本記事では常に改善が求められるマーケティング戦略の確認と見直しについて、前提を検証しつつ整理してみる。マーケティング携わる読者の方々には、本記事を応用して、是非ともより良いマーケティング戦略の考案への一助としていただきたい。

1.製品・サービスの提供者の想いと消費者の欲求は一致しているか

現状の製品・サービスが消費者に十分魅力を発揮して売れている状況を想定すると、提供者側がお勧めと考える要素と、消費者の欲求の要素が一致していることが望ましい。加えて、未来の状況を予測できているとより良いマーケティング戦略といえる。こういったことが、データを可視化した状態で示せているか、また十分示せない場合の今後の課題は何かを含めて、現行のマーケティング戦略の確認における出発点としたい。

2.解析の方法論と結果の更新は常に行われているか

前段における、データマーケティングの検証は、消費者の欲求ひいては市場の環境が常に変化していることから、常に改めて行っていく必要がある。例えば、重回帰分析に用いる説明変数の組み合わせ、現状のままで十分なのか、減らす・増やす、または新規のものと入れ替えるといった検証であったり、基本に返った単回帰分析での傾向の確認といった検証である。近年の取得データの量・種類の多様化および分析ツールの充実により、重層なマーケティング戦略が立てられる環境が整ったが、より良いマーケティング戦略を導出する試行錯誤の基本プロセスは変わっていない。

3.売り場への反映は十分か

新たなマーケティング戦略の実践として、売り場への反映がある。この段階に至った時点として、定めたマーケティング戦略を、いかに捨象し、いかに濃縮したかが勘所となる。なぜなら、当初理想としたマーケティング戦略は、資源の制約を受けて補正が入るのが常であるからである。現実へ合わせた一連のプロセスを可視化して記録に残すことで、より高度な経営全体の改善サイクルにつながるだろう。


このコラムバックナンバー ─コラム記事─

あわせて読みたい ―関連記事―